お仕事をします -2-

「はい、いらっしゃいませ」
「お客さんですかっ? い、いらっしゃいませ、です!」
 初めての来客に緊張しているのか、ヘルムートの頬は真っ赤になっている。当然だが接客は流石に任せられない。

「イチゴのノーマルショートと、チョコレートタルトと、紅茶シフォンを二つ……」
「シフォンが二つ、……ですね」
 品の良いマダムという雰囲気の女性が、頬に手をあてながらウィンドウのケーキを眺めている。

 するとそこへひょこっとヘルムートが顔を出し、止める間もなくマダムに言った。
「お姉さん、イチゴの丸いの、すごく美味しかったです! 丸いの、おれのオススメです!」
「こ、こら。ヘルムート!」
「あら、お姉さんだなんてありがとう。でも親戚の子供達へのお土産だから、もう買う物は決まってるのよ。ごめんなさいね」
「そ、そうですか……残念」
「次に来た時は、ぜひ買わせて頂くわ」
「約束です! ……おれ、衛さんに予約入りました、伝えてきます!」
「うおいっ! それはいいから!」

 慌ててヘルムートの腕を掴んでとどまらせ、俺はせっせと注文通りのケーキを箱に詰めていった。
 ──客がいる時は口にチャックさせねえと。

「ありがとうございました!」
「あ、ありがとうございましたっ!」
 マダムを見送った後で、ヘルムートに向き直る。

「あのな、店にはマニュアルってモンがあるんだ。客から訊かれない限り、自分のお勧めを言う必要はない」
「で、でもお姉さん、次来たら買うって……」
「気を遣わせただけだ。今のはたまたま良い人だったからそう言ってくれたけど、中には気を悪くする人もいるんだぞ。イチゴが嫌いな人だっている。お前だって買う気のない物をぐいぐい勧められたら困るだろ」
「あ、う……。ごめんなさい……」
 しゅんとなったヘルムートに溜息をついてから、俺は「いいよもう」と手を洗いに行った。

「良かれと思ってやったんだろ、次から気を付けてくれればいい。……感覚を掴むまでは、俺の接客のしかたを見ていてくれ」
「わ、分かりました」
 何しろ短期間でここまで日本語を覚えるほどの知能があるのだ、ケーキ屋の接客なんて一日かからず覚えられるんじゃないだろうか。

「ノーマルショート、チョコレートタルト、紅茶のシフォン……」
 現にヘルムートは先ほど受けた注文内容を口の中で繰り返し、ケーキの名前と見た目を一致させようと脳内で勉強している。

「ふふ。おれも全部欲しいです……お腹空きました……」
 と思ったら、全然違ったらしい。