小ネタ ミツバチと昼休みのおしゃべり

 生まれ変わったら何になりたい、なんて話題は誰しもがしたことあると思う。
 別に生まれ変わりを信じてなくても、子供が「将来何屋さんになるか」を語るのと同じ、ただの空想遊びだ。

「生まれ変わったらなぁ、……もっと金持ちの家に生まれたいなぁ」
 なんて夢もあれば、
「俺は動物でいいわ。気ままに森とかで暮らしてえ」
 なんて可愛い夢もある。

 俺は皆の空想を微笑ましい思いで聞きながら、今日のデザートであるミルクプリンを食べていた。

「蜜羽は何になりたいんだ?」
「俺? 俺は……そうだなぁ」
「ちょっと待て。蜜羽は蜜羽のままでいい。このままじゃないと蜜羽の意味がねえ」

 遮られて仕方なく、スプーンですくったプリンを口に入れる。

「俺は蜜羽の兄貴に生まれ変わりたいかも」
「俺、兄貴いないよ?」
「だから、これまで訳あって離れて暮らしてた兄貴、とかさ。そんで毎日毎晩お楽しみってこと」
「ふざけんなっ、お前、独り占めのルール破る気か?」
「家族は例外だ、当然だろ」
「てめえ!」

「け、喧嘩しないで……」

 別の生徒が焼きそばパンを頬張りながら、笑って言った。
「そんじゃ俺は、蜜羽のパンツになりてえな」
「うわ、ド変態がいる」
「それもただのパンツじゃねえぞ。俺の前世の記憶と意識が残ってるから、勝手に蜜羽のケツに顔埋めたりチンコ弄ったりできんの。最高じゃねえか?」

「都合良過ぎだよそれは……」

 更に別の生徒が、イチゴ牛乳のパックについたストローを啜りながら俺を見て、言った。
「じゃあ俺はコンドームになって、蜜羽のケツの奥の奥までズコズコしてやりてえけど」
「バーカ! ズコズコすんのはお前じゃねえ、そのゴムを使ってる知らねえ男だ!」
「マジでこいつアホ。知らねえ男のチンポに被せられるくらいなら死んだ方がましだね」

「生きてるゴムっていうのは、ちょっと面白いなぁ……」

 俺は皆の夢を聞きながら、少しだけ想像してみた。
 もしも生まれ変わったら……大好きな犬や猫になるっていうのも魅力的だけど、それよりももう少し現実的なところでいうと……

 今度は女性の人生を歩んでみたいな、とぼんやり思う。
 女になりたい願望がある訳じゃないけれど、同じ人間で性別が違うっていうのはどんな感じなのか知りたい。

 おしゃれして、可愛い服を着て、髪型に凝って、誰かと恋に落ちる……考えると楽しそうだ。

 ……それに、男よりも女性の方が、アレの時に気持ち良いっていうのも聞いたことがあるし。

「はぁーぁ。ま、どんだけここで喋ってても俺らは金持ちにはなれねえし、蜜羽のパンツにも、ゴムにすらなれねえんだよなぁ……」
「でも皆、パンツやゴムよりエロいこと充分してるじゃん……」
 呟くと、皆が揃って「それとは違うの!」と言った。
 何が違うのかさっぱりだ。

「あ、いいこと考えた。俺は生まれ変わったら空気になる。そしたら蜜羽にまとわりつけるし、頑張れば何でもできそうじゃん?」
「空気とか悲しいこと言うなよ、お前……」
「せめて形あるものにしろよ」

 そろそろ昼休みも終了だ。食事のプレートを片付けようとして立ち上がると、皆が俺に顔を向けて言った。
「そんで、結局蜜羽は何になりたいんだっけ?」
「あ、俺も言っていいの?」
「ああ、もし叶えられそうなら、叶えてやれるかもしれねえし」
「ネコちゃんプレイならコスプレもアリだしな~」

 皆、本当にいい奴だ。
 ニコニコ笑って、俺の答えを待ってくれている。

「そうだな、俺は生まれ変わったら女の子に……」
「それだけは」
「絶っ対に!」
「駄目――ッ!!!」

 小ネタ・終