亜利馬、人生最高の1日 -6-

「亜利馬、これからもよろしくね」
 深夜三時を過ぎたあたりでケンさん達が帰って、部屋にはブレイズのメンバーだけが残された。みんな仕事で疲れているのに、帰るのを名残惜しく思ってくれているのだ。
「はい。今日は本当にありがとうございました。俺、本当にこの会社に来て、ブレイズの一員になれて、感謝しかないです。今日だけじゃなくて、ずっとそう思ってたんです」
 思っていても、なかなか気持ちを伝える機会はない。忙しかったり、照れ臭かったり、幸せが当たり前になり過ぎて忘れてしまったり。
「俺、みんなのこと大好き!」
 笑顔でそれを言葉にしても、俺の頬にはぼろぼろと涙が伝っていた。

「俺も大好きだよ、亜利馬」
「……俺も」
 獅琉と大雅が両側から俺を抱きしめ、頭を撫でてくれた。
「もちろん俺もだ」
 後ろから竜介の大きな手が頭に乗る。
「………」
 眉間に皺を寄せた潤歩が、更にみんなの手の上に自分の手を重ねて俺の頭を撫で回す。
「潤歩も言いなよ、ちゃんとさぁ?」
「……うるせえ。言わなくたって通じてる」

 くすくすと笑いながら、獅琉が「前にさ」と切り出した。
「企画の一つで、『家族モノ』撮ったじゃん。竜介が父親で俺が母親、潤歩と大雅が兄貴で亜利馬が末っ子のやつ」
 獅琉の言うそれは「FamilyGame@BLAZE」というタイトルで、前に俺達が自分で作った企画を通してもらったものだ。散々な目には遭ったけど、凄く楽しかったのを覚えている。
「あれって、俺の理想なんだよね。いつかみんながAV引退しても、ああやっていつまでも五人で暮らせたら最高に楽しいなって」
「獅琉さん……」
「みんなが良ければだけど、……実現できたらいいな」
 ずっと俺が抱いていた思いを獅琉が言葉にしてくれて、耐えきれずまた涙が溢れそうになる。

「そりゃ構わねえけど、竜介の家に全員で厄介になるってことか?」
 苦笑する潤歩に、「別に良いが?」と笑う竜介。
「うーん。確かに竜介が頑張って建てた家に俺達が転がり込むってのは、申し訳ないね。……そしたら、俺はもう一戸別荘を建てるよ!」
「は? 何言ってんだ獅琉」
「……じゃあ俺は、みんなの引退後の仕事のために保護猫カフェ作る」
「いいね大雅! じゃあ俺は、大雅と竜介さんの邪魔にならない時用の家を近場に建てるよ!」
「……邪魔にならない時用って、何? 亜利馬……」
「あ、ええと……まあまあ、うん……」
「潤歩は何を建てるんだ?」
「はぁ? ……んー、じゃあ俺は……スタジオでも建てっか。色んな会社が使うから、寝てても金は入ってくる」
「決まり!」

 途方もない道のりだけど、きっと五人の力が一つになれば何だって叶えられる。
 この先もずっと、俺達は一緒だ。

「……という訳で、亜利馬」
「はい?」
 獅琉が俺の頬に残った涙の跡を指で拭い、言った。
「俺達の絆も今一度固まったことだし、十九歳になったばかりの亜利馬を家族で『お祝い』しないとね」
「……へ? も、もう充分お祝いしてもらいましたけど。獅琉さんはティーセット、竜介さんからはライダースジャケット、大雅はお風呂でも見れるタブレット、潤歩さんからはお揃いのブレスレットで……」
 闇鍋袋だから他にも招き猫とかホットケーキの粉とか、紐パンツとかカップラーメンとか色々貰ったけれど……

「それは『物』だよね。『愛』はまだあげてないよ?」
 俺を見る四人の目が、いつもの例のアレになっている。

「あ、愛も籠ってましたから大丈夫です! ティーセットもジャケットにも、タブレットもブレスレットにも全部愛が……」
「トットトットうるせえぞ、亜利馬アァ!」
「ぎゃあぁぁ──ッ!」