ブレイズ、素敵な冬休み! -7-

「………」
 獅琉から時計回りに──さっきと同じブレイズのナンバー通りの順番で、カードを捲って行く。
 1……。6……。2……。ジャック……。4……。
「なかなか出ないもんだな。こんなもんか?」
 竜介の呟きに答える者はいない。全員、中央の絵柄に集中しまくっているからだ。
 キング。8。9。4。……3。
「さんだりゃあぁぁッ!」
 潤歩が謎の奇声と共に重なったカードの山に手のひらを叩き付けた。
「あっ!」
「しまった!」

 勢いで数枚のカードが山から飛び散る。潤歩の目はそれこそ狼のようにぎらついていた。
「スピードで俺に勝てると思ってんじゃねえぞクソボケ共がァ……」
「そ、そんな本気でやらなくても……。潤歩、遊びだよ遊び。勝負も大事だけど、楽しくやろうよ」
「獅琉。てめぇも罰ゲーム覚悟しとけよ。失神するくらい辱めてやるからなァ」
「う……」
 これはもはや遊びではない。五人の男の、命を賭けた戦いだ。
「次!」

 8……9……ジャック……1……。
 もう誰も喋らない。
 2……。10……。9……。
 構えた手が震える。
 クイーン。9。4……。──5。
「ごおぉぉぉ──ッ!」
「だりゃっしゃああぁあぁッ!」
 バチバチバチッ、五人の手が山の上に重なって行く。一番下にあった手は……
「……俺」
「たっ、大雅……?」

 四人とも全く警戒していなかった大雅が、溜まったカードを取ってぽつりと呟いた。
「これ、ちょっと勝てるかも。……罰ゲーム楽しみ」
「……おい、やべぇぞ。……コイツの潜在的ドSが覚醒したら、俺達全員辱め殺される」
「りゅ、竜介さん、大雅を止めてくださいっ」
「はっはっは、こうなったら大雅は止められないさ。本気の目になってる」
「笑ってる場合じゃないよ竜介っ!」

 その後も白熱のバトルが続き、大雅が二連続ゲット、次に潤歩がゲット、根性で俺がゲットした後に痛恨のお手付きでプラマイゼロ──広い和室にしばらく男達の咆哮が響き渡った。

「……みんな、ぎらつき過ぎて自滅してるだけ」
 大雅以外の四人はゼエゼエと肩で息をしているが、疲れただけで結局手持ちはゼロになっていた。勢い良く狙い過ぎて終盤にお手付きが続いたせいだ。
「俺の勝ち。……罰ゲームどうしようかな」
 滅多に笑わない大雅が、唇の端を嬉しそうに歪めて笑っている。
「怖い。大雅が笑ってる……」
「……こういう、普段大人しい奴が権力握った時ってのが一番怖えぇんだ」
「竜介さん、手加減するように説得してください……」
「大雅、その……優しい罰で頼むぞ?」

 束ねたカードで口元を隠した大雅が、ニッと目を細めて言った。
「……じゃあみんな、自分で『自分の良いところ』を三つずつ言ってって」