亜利馬、カメラを回して目も回す -7-

「うわあぁっ!」
 潤歩の尋常でない腕力で引っくり返された俺の体。四つん這いになった尻にローションのぬるついた感触が走る。
「ちょっと待って下さい潤歩さんっ。乱暴は嫌です、優しく、──うっ!」
 ズゴンと尻に衝撃が来て、一瞬白目になった。
「や、さし、くって……いったのに……」
「それだと仕置きにならねえからなァ。覚悟しろよ亜利馬ちゃん、この先が天国か地獄かはお前次第だ」
「んあっ、あ……潤歩さん、お願い……あっ、う……」

 後ろから何度も腰を打ち付けられ、喉の奥から声が押し出される。四つん這いになった俺の前に大雅があぐらをかき、「お仕置き顔、最高」と囁かれた。
「俺にしがみついてもいいよ、亜利馬」
「た、大雅、ぁ……」
 広げられた腕の中に身を投じ、俺は膝立ちで大雅に抱き付いた。……が、体位が変わったせいで今度は潤歩のそれが下から上へ突き上げられる感覚に変わる。

「んあっ、あ……やぁっ!」
「オラッ、まだまだ終わんねえぞ! もっと鳴け!」
「ひあぁっ、あ……! し、死ぬ……あ、あ……潤歩さんんッ!」
 俺の体が小さいせいか、それとも潤歩がデカすぎるせいか……とにかく奥の奥、入ったら駄目なんじゃないかというところまで、潤歩の硬いペニスが何度も何度もぶち込まれる。目の前がチカチカして火花が散り、無意識のうちに大雅の肩に爪を立ててしまった。

「やっ、あ……! もう、無理ですっ、潤歩さん、許して……!」
「亜利馬」
「ん──」
 大雅に唇を塞がれ、舌で口腔内を蹂躙される。その甘さにほんの少し苦しいのが緩和されたけど、……
「大雅、そのまま亜利馬のチンポを扱いてやったらどうだ」
「っ……!」
 竜介のとんでもないアドバイスが投げられたせいで、またしても余裕が無くなってしまう。
「んっ、んん……! や、ら……らめ……!」
 俺の舌を吸いながら、両手でペニスを包み込む大雅。相変わらず尻には潤歩の腰が打ち付けられ、段々と頭の中が気持ち良くなってきてしまう。

「んう、う……は、ぁ……きもひいい……」
「気持ち良さそうだね、亜利馬。その顔、ばっちり撮られてるよ」
 獅琉が俺の耳に囁き、同時に胸元を撫でられた。……優しい手のひらが、尖った左右の乳首を掠めて行く。
「んやっ、あ……しりゅ、さん……!」
「結局全員参加か」
 更には竜介が反対側の隣にあぐらをかき、俺の髪を耳にかけて「ふっ」と息を吹きかけてきた。
「完全に包囲されたな」
 囁かれ、そのまま耳の中に、竜介の舌が……
「ふあぁ……そ、それ気持ちいいです……エッチな音、響いて……あっ!」
 言葉通り四方を完全包囲された俺。カメラが上から覗くように、ふにゃふにゃになった俺の姿を撮影している。

「も、もうだめです……お、俺、……おれ、ぇ……!」
「俺も耳舐めちゃお」
「ひゃっ、あ……!」
 両耳が同時に犯される。ぞくぞくして堪らないところに後ろから潤歩のマグナムが俺をぶち抜き、前では大雅が頬を染めながら俺のペニスを扱いている。

 ──こんなの、耐えられるわけがない!