亜利馬、カメラを回して目も回す -2-

 撮影第一日目。ターゲットはブレイズのリーダー・獅琉。
「獅琉くん、髪すごい綺麗になってる。美容院行ってきた?」
 インヘルの専属ヘアメイクの雄二さんが、獅琉の髪を弄りながら笑っている。撮影部屋には彼ら二人以外に誰もいない……俺を除いて。
「うん、昨日ね。ヘッドスパとちょっと高めのトリートメントもしてもらったんだ」
「柔らかいなぁ。獅琉くん癖っ毛だけど、ちゃんとケアしてあげるとすごく良くなるよね、まとまりやすいし」
「あはは。それは雄二さんのヘアメが上手いから」

 イケメン二人の会話を盗み聞きしながら、俺はクローゼットの中で撮影班に借りたハンディカムの電源を入れた。
〈亜利馬くん。そろそろスタンバイしてください〉
 インカムを通して撮影班の指示が飛んでくる。
 ほんの少し開いたクローゼットの隙間からカメラを構えれば、何だか俺の方が緊張してきて手に汗が滲んだ。
「それじゃあ獅琉くん、お茶買って来るからちょっと待っててね」
「はい」
 雄二さんが部屋を出て、獅琉がテーブルの上の雑誌を捲り始めた。
 しばしの沈黙。

「っ……」
 突然撮影部屋のドアが開き、三人の覆面男が中に入ってきた。
「わっ、な、何っ……?」
 椅子に座っていた獅琉が男に担ぎ上げられ、撮影用のベッドに押し倒される。
「ちょっと、誰だよっ? えっ、こ、これが今日の撮影っ……?」
 動揺している獅琉のシャツが捲られ、ベルトが外され、ズボンが下ろされる。
「やっ、ちょっと……! だめだめっ、何してるのお兄さん達っ、……あ」
 俺はカメラを回しながら息を荒くさせ、男達に翻弄され喘ぐ獅琉を凝視していた。
 白い肌が六本の手に撫で回されている。体のあちこちが摘ままれ、くすぐられ、握られている。

「あ、あぁ……何だよっ、……気持ちいい、……あっあ、そこだめ……」
 いやらしい音と共に扱かれる獅琉のそこから目が離せなくて、俺はカメラを構えつつ自分の股間に手をあてた。……めちゃくちゃ硬くなってるし。
「し、扱かれたらイッちゃうから、……! やめ、……あぁっ、あ……!」
 あの優しい獅琉が、頼れる俺達のリーダーが、男の手でペニスをごしごしされて喘いでいる。それを隠れて覗き見るなんていけないと分かっているのに、乱れる獅琉がエロ過ぎて興奮が止まらない。
「やっ、あ……イく、イくっ……!」
 やがて獅琉の体がビクビクと痙攣し、扱かれるペニスの先端から豪快に精液が飛んだ。
「はぁ、……あ、……何なの本当に……」

 ベッドにぐったりと体を預けた獅琉から男達が離れて行き、代わりに今度はクローゼットから俺が飛び出す。
「じゃーん! 獅琉さん、サプラーイズ!」
「……え」
 そこでカメラマンが入ってきて、ネタバラシの様子を撮影し始めた。
「獅琉さん、えっと、……サプライズです!」
「あ、亜利馬……。俺のこと、ずっと見てたの……」
「ばっちり撮らせてもらいましたよ、獅琉さんのエッチな姿」
 悪者みたいな台詞を言うと、獅琉が「もう!」と笑って俺に枕を投げてきた。
「亜利馬、後でお仕置きだからね!」
「あはは、失礼しました!」

 逃げるように部屋を出て、深呼吸を繰り返す。
〈よし、亜利馬くんありがとう。カットです〉
 ここで撮影は一旦終わりだ。
「……あ、あの獅琉さん。大丈夫ですか?」
 一度出た撮影部屋のドアを開け、バスローブを羽織った獅琉に問いかける。ヤラセ盗撮とはいえ、いきなり襲われる形になって獅琉もさぞ驚いたことだろう。どこかに体をぶつけたりしていないだろうか。
「びっくりしたけど面白かった! ていうか途中から気付いてたよ。クローゼットから亜利馬のはあはあ言う声が聞こえてたし」
「ええっ、聞こえてたんですか? 恥ずかしい……!」
「次のターゲットは誰なの? 俺も協力したい!」