ブレイズ、みんなで竜介をお祝いする -4-

「で、でもアレですよね。竜介さんは、大雅とすごく仲良いですよね」
「ああ、大雅とは他のメンバーより一緒にいた時間が長いからな。あの性格だからあまり人に対して心を開かないが、そんな大雅に頼ってもらえるというのは俺としても嬉しいよ」
「大雅のことは可愛い弟って感じですか?」
「ああ。……いや、うーん……どうだろうな……」

 いきなり竜介が言葉に詰まり始めて、何故か俺にも緊張が走った。次の竜介の言葉で全てが決まる……そんな気がしたからだ。
「弟っていう感じも間違ってはいないんだが、その……弟には欲情しないだろ」
「あ」
「大雅は努力家だから、よく撮影の練習を俺に頼んでくるが……心のどこかで、それを楽しみにしてる自分もいる。あいつには内緒だぞ。そんな不純な動機で練習に付き合ってるなんて大雅が知ったら、間違いなく怒られるからな」
「………」
 心の中心に、ポッと可愛い花が咲いた瞬間だった。

「大雅のことを好きかと言われたら当然好きだが、恋愛よりも絆って感じかな。もちろんお前を含めてブレイズのメンバーにも同じ感情は持っている。だが大雅とセックスする時は、……うーん、撮影の時とは違う意味で本気になるっていうか、最速で勃つっていうか」
「も、もう大丈夫です。よく分かりましたから!」
 久々に鼻血が出そうになり、俺は慌てて缶のコーラをがぶ飲みした。

 ──竜介みたいな大人でも、自分の気持ちに気付かない場合ってあるんだな。
 竜介は大雅に特別な感情を持っている。ただ、それが「恋」だということに気付いていないだけだ。
 恐らくは、それが竜介にとっての「初恋」だから。

「……はあぁぁぁん」
「お、おい亜利馬。どうした? 具合悪いのか?」
「む、胸が締め付けられます……」
「大丈夫かっ?」
 ともあれ、これで竜介の気持ちは理解できた。
 不器用同士の恋。甘酸っぱくて、まるで中学生みたいな恋愛だ。
「竜介さん、これもっと食べてくださいね」
「おお、ありがとう」
 だけど不器用なだけに、丁寧にそっと扱わないと壊れてしまいそうでもある。これはもう第三者がワーワー言う必要なんてなくて、二人で大事に育ててもらうのが一番良い。

「大雅は可愛いですもんね。ああ見えて、いつも一生懸命だし」
「そうだな。あいつが隅で黙ってるとつい構いたくなる。じっくり接すれば色々喋ってくれるからな、決して暗い奴じゃない」
「それに、あの真っ白な肌とすっきりした体がまた……」
「ああ。内股の柔らかいところに舌を這わせると腰が浮いて、甘い声が……」
「た、勃っちゃいます竜介さん……」
「ははは。もう少し聞け、亜利馬。大雅のヘソと脇腹をゆっくり愛撫して、それから焦らすように乳首に舌を──」
「はああぁえろすぎるううぅぅ」
「……何喋ってるの」
「ぅぅうわああぁぁ──ッ!」
 突然背後から大雅の顔が現れて、俺は椅子から飛び上がった。

「た、大雅!」
「お疲れ、大雅」
 見れば竜介はテーブルに頬杖をつき、ニヤニヤと笑っている。大雅が入室してきたのを知っていて、俺の反応を見るためにわざとエロい話を続けたんだ。