三千世界の星たちへ

三千世界の星たちへ
【若旦那×男娼青年】
架空の遊廓を舞台にした青年達の話です。
あらすじ

自分の年齢も分からないまま、貧しい故郷から廓に売られてきた彰星(あきほし)。
この地方で一番大きな遊廓、その中でも男娼を扱う大店の娼楼・寿輪楼(すわろう)で先輩達との絆を深め合いながら、大事な人に出会い、成長して行く話です。

※架空の年代・地名を舞台としております。そのため実在した遊廓やその当時の日常とは大きく違う部分が多々あります。全ては創作ですので、何卒ご了承下さい。
※物語の設定上、主人公と攻め以外のキャラ(モブ含)の過激描写がありますので、ご注意下さい。

完結済み小説トップへ戻る