サンダルフォンの指先

サンダルフォンの指先・上
【先生同士BL】その指先から僕の口へ──それはやがて星空から町中へ。
あらすじ

施設育ちの音弥(おとや)のバイト先は、小さな幼稚園と教会が一緒になった「押川新生幼稚園/教会」だ。
数は少ないが元気いっぱいの園児達、心優しい園長の見谷牧師、陽気な仕事仲間の海斗。

ささやかながらも安定した日々を過ごす音弥の前に、ある日の夕方、見知らぬ男が現れる。

牧師を「親父」と呼ぶその男・勇星(ゆうせい)は、口が悪くセクハラ好きの遊び人だが……見た目からは想像もつかない「ある特技」を持っていた。
彼の「指先」に触れた瞬間から、音弥の平凡な日常と心は少しずつ変化してゆく。

*作中の歌は全て架空のものとなっております。ご了承下さい

サンダルフォンの指先・下
「歌うこと、優しい気持ち、教えてくれてありがとう。ずっと忘れないよ。」─幼稚園と教会と先生同士のBLです。
あらすじ

季節は秋から冬へ。 押川新生幼稚園/教会で起こる何気ない日常と、音弥と勇星の恋愛模様。
自分にとって「大切なもの」を見つけることが、きっと未来への第一歩。
子供も大人も、一緒に成長して行くんです。

メインキャラクター
音弥(受)主人公、平凡男子。涙腺がとっても弱い。
勇星(攻)かつて指揮者を目指していた男。エロいし口も悪い。

完結済み小説トップへ戻る