君色の空に微笑みを

あらすじ

友人も恋人おらず、やりがいの無い仕事を続けるだけの退屈な日常を過ごしていた浩介は、飲み会の帰りに見知らぬ街の奇妙なホテル「幻龍楼」に入る。
一風変わった従業員と様々なサービスの中、「陰間メニュー」と称された男性用風俗に興味を持つ浩介。
そこで出会った青年・混一(ホンイツ)は、五年前、浩介が地元で見かけて以来忘れられないでいた美少年なのだった。

完結済み小説トップへ戻る