壮真理人のサードアイ

壮真理人のサードアイ
【若社長×異能力青年】
──俺は、彼だけの「第三の目」。
あらすじ

大手組織「柳田グループ」の元、クラブ経営をしている壮真理人(そうまりひと)。
理人に拾われた、特殊能力を持つ青年・煌夜(こうや)。
煌夜の不思議な力で裏社会を舞台に仕事をしている理人の元へ、今日も一風変わった客が訪れる。

完結済み小説トップへ戻る