11

 それから二日後。七月七日、金曜日の午後五時。

 俺は約束通り、昨日から結城さんと一緒に過ごしていた。

 翔宇は零が店に来たあの日以来塞ぎ込んでいて、今日も仕事も休んでいる。店から中川啓太の予約だけは行くように言われたらしく、さっきも「行く気がしない」とメールがきたところだ。

 俺もできるだけ翔宇と一緒にいてやりたかった。だけど、あの時俺を励ましてくれた結城さんとの約束は破れない。今だけは不安も悲しみも消去して、彼の期待に応えなければならない。

「流星、どうだ?」

 ワイングラスに口を付けた俺を見て、結城さんが優しく微笑んだ。

「美味しい」

 目の前には、最高級和牛のヒレ肉。一口食べて思った。零と一緒に食べたファミレスのステーキの方が美味い……。

 この日のために用意してもらったスーツに身を包み、静かで広く明るいホテルのレストランでワインを飲む俺。何一つ似合ってなくて、グラスに映った自分を見るたびになんだか恥ずかしくなった。

「食事が終わったら外に行こうか」

「はい」

「その前に、これ。誕生日プレゼント」

 結城さんが小さな箱を俺に差し出した。

「………」

 結城さんとお揃いの、大ぶりなプラチナの腕時計。

「い、頂けないですよ。こんな高いの」

 お決まりの遠慮でも何でもなく、素直にこれは受け取る訳にはいかないと思った。

「流星のために選んだのに、貰ってくれないのか?」

「お、俺にはとても似合いません」

「似合わなくてもいいんだよ」

「でもっ……」

「いつか似合う時が来たら、つけてほしい」

「………」

 俺の手を取り、結城さんが甲にキスをする。

「何年後でも、何十年後でも。流星が自分で決めた時で構わないよ」

 そんな気障な台詞を真剣に言われると、俺の方が照れてしまう。俺は腕時計の箱にそっと触れながら、一つ息を飲んで言った。

「結城さん、今おいくつでしたっけ」

「三十五だよ」

「……じゃあ、俺も三十五歳になったらつけることにします。結城さんみたいに魅力的な男になってることを願って」

 恥ずかしかったが、ありったけの勇気を振り絞って俺が言うと、結城さんは目を細めて微笑んでくれた。

「成長したお前を見てみたいけど、その頃にはもう流星に会えないんだろうな」

「じゃあ、その時は本当に俺が成長できたかどうか会って確かめて下さい」

「十四年後の今日か、遠い約束だな。その間俺も頑張って、今よりもっと流星に褒めてもらえるような男にならないと」

「そしたら俺もまたそれを目指しますよ」

「あはは」

 ひとしきり笑って料理を食べた後、結城さんが自分の時計をちらりと見て言った。

「流星、行こうか」

「はい」

 貰った腕時計の箱を落とさないようにしっかりと持ち、俺は結城さんと腕を組んでホテルを出た。

「わ……」

 目の前にリムジンが停まっている。何から何までスケールがすごくて、俺は生まれて初めて乗ったリムジンのシートを思わず手で撫でた。

「まだ飲めるか?」

 華奢なグラスに金色のシャンパンが注がれる。俺はそれを受け取ってから結城さんの頬に口付けた。

「ありがとう、結城さん」

「どういたしまして」

 揺れひとつ無くリムジンが走り出した。時刻は午後六時を過ぎたところだ。七月の空はまだいくらか明るくて、日傘をさして歩く女性もいる。

 翔宇、ちゃんと洗濯物しまってくれたかな。

 暑そうに顔を顰める人達を見て、ふとそんなことを思った。

「まだ明るいですね。いつ頃から暗くなるんだろう」

「あと一時間もすれば真っ暗になるよ」

「夏の空だけは読めないなぁ」

 口元だけで笑った結城さんが、指の背で俺の頬を撫でる。

「流星のために、夜の帳が降りてくるんだよ」

「え?」

 意味深な言葉にドキッとした。結城さんが言うと、何でもその通りに思えてくるから不思議だ。

 それから約三十分が過ぎた頃、リムジンが走り出した時と同じように静かに停車した。

「ここは……」

 国際線ターミナル。

「………」

 結城さんに手を引かれて歩く俺の目が、次第に大きくなり、輝き出す。これから何が起こるのかを理解してしまったからだ。

「ゆ、結城さんっ」

「行くよ、流星」

 導かれた先にあったのは大きなヘリコプターだった。近くで見るのも初めてなのに、まさか俺は今からこれに乗って空を飛ぶのか。とても信じられなくて、心臓がバクバク鳴っていた。

「ほ、本当に? 俺でも乗れるんですか?」

「当然だよ。どうした?」

「だって、すごい……。こんなの、生まれて初めてだ」

「初めてか。それは良かった」

 七時少し前。

 俺達は空高く舞い上がり、豆粒のようになった都会の光を一緒に見下ろした。地上で見上げるネオンはあんなにも安っぽくいかがわしいのに、こうして空から見るとまるで無造作に散りばめられたダイヤモンドのように幻想的で、言葉を失うほど美しかった。

 点々と光が連なっているのはレインボーブリッジ。それからあれは東京タワーだ。俺と結城さんの眼下に、人工的なこの世の宇宙が広がっている。